カニスキドットコム
友善(夕日ヶ浦温泉郷)
民宿 尾江(丹後鳴き砂温泉)
レイクサイド琴引
はなりょう(網野のかに宿)
みなと荘(料理旅館)
久美浜の宿つるや

HOME
|
カニについて
|
カニを食べに行く
|
カニをお取り寄せ
|
お気に入り追加


ずわいがにの呼び名 越前がに 間人がに 津居山がに 松葉がに 親がに

松葉がに(まつばがに) 標準和名:ずわいがに

松葉がに 松葉がにとは、山陰・日本海側(島根県、鳥取県、兵庫県、京都府)で水揚げされた「ずわいがに」の総称です。関西の人は「松葉がに」、関東の人は「ずわいがに」と呼ぶことが多いようです。日本はこの松葉がに(ずわいがに)の大消費国でして、「冬=かに=高級食材」というイメージがすっかり定着しています。とはいえ現在、「松葉がに」や「ずわいがに」といった呼び方はかなり混乱しており、山陰では「間人がに」「津居山がに」、越前では「越前がに」などと、その地域でとれたずわいがにだけに「地域名」をつけて、独自のブランド化を計っています。山陰でとれた「松葉がに」では、年々、港によっては松葉がに(ずわいがに)に独自のタグや印(その地域で水揚げされたことを証明するもの)を付けるのが増えています。本来「松葉がに」とは山陰で水揚げされたずわいがにを指しますので、このページでは、「松葉がに=山陰のずわいがに」、「越前がに=越前・福井県のずわいがに」、「ずわいがに=北海道+海外輸入されたずわいがに」と区別しております。


松葉がに 山陰でとれたずわいがに
隠岐松葉がに 島根県の隠岐諸島(おきしょとう)近海でとれたずわいがにの中でも一定品質・大きさ以上のものを「隠岐松葉がに」と呼びます。隠岐松葉がにには、青地のタグがついています。
鳥取松葉がに 鳥取県で水揚げされたずわいがにを鳥取松葉がにと呼びます。鳥取県は松葉がに(ずわいがに)の水揚げが多いのが特徴です。鳥取松葉がにのタグは、白地に赤色です。
津居山がに 兵庫県の津居山港で水揚げされたずわいがにを津居山がにと呼びます。兵庫県の漁船は隠岐近海(島根〜鳥取)と丹後沖(京都)の2つの漁場でずわいがに漁を行います。津居山港は兵庫県の東部にあたるので丹後沖(京都)側のずわいがに漁場に向かいます。この津居山港に持ち帰ったずわいがにを「津居山がに」と名付け、青色のプラスチックタグをつけます。
間人がに 京都北部の丹後半島にある間人(たいざ)港で水揚げされる松葉がにを間人がに(たいざがに)と呼びます。山陰では一番有名な松葉がにのひとつです。丸い緑色のタグに「間人がに」と刻まれます。

越前がに 福井県・越前のずわいがに
越前がに 福井県の越前海岸周辺の港で水揚げされたずわいがにを越前がにと呼びます。知名度は日本一といって過言ではありません。黄色いタグが付き、皇室献上されたずわいがにとしても有名です。

ずわいがに 北海道のずわいがに、輸入ずわいがに
ずわいがに 北海道の近海やカナダ、ロシア、アラスカ、ベーリング海、北朝鮮、韓国などの海外から輸入されたずわいがには、そのままずわいがにと呼びます。山陰や越前がにの価格に比べ格段に安いので、予算控えめで美味しいずわいがにを食べるにはおすすめです。





ずわいがにの呼び名 越前がに 間人がに 津居山がに 松葉がに 親がに

かに料理といえばカニの本場丹後半島へ。丹後旅行なら以下のサイトも参考に下さい

ブランド蟹 間人ガニ 津居山ガニ 松葉ガニ の産地直送店
2007年かに解禁記念 松葉かに/せいこがにのお取り寄せできる店


かに料理の宿の御利用について
日本海 プレゼントキャンペーン  かに料理の宿からの宿泊予約・お食事予約・問い合わせは、全てインターネット宿泊予約サイト「日本海トラベル」のページより行われます。掲載宿への予約やお問い合わせの際には、日本海トラベルのサイト規約などをよくお読み頂き、お目当てのかに宿への予約やお問い合わせを行って下さい。日本海トラベルでは、各種プレゼントキャンペーンなども実施しておりますのでお得です。

かに料理の宿
|
かにフルコースとは
|
かに宿一覧
|
最新空室状況
|
かにプラン一覧
|
かに宿 温泉 露天風呂
※このページには、かに料理を楽しめる山陰・若狭・越前の民宿・旅館などの宿泊施設が掲載されています
Copyright (C) かに料理の宿 by 日本海トラベル. All Rights Reserved.
掲載画像・文章および全てのコンテンツの無断転載を固く禁じます
かに料理の宿への掲載希望の施設様は
日本海トラベルまで