カニスキドットコム
友善(夕日ヶ浦温泉郷)
民宿 尾江(丹後鳴き砂温泉)
レイクサイド琴引
はなりょう(網野のかに宿)
みなと荘(料理旅館)
久美浜の宿つるや

HOME
|
カニについて
|
カニを食べに行く
|
カニをお取り寄せ
|
お気に入り追加


ずわいがにの呼び名 越前がに 間人がに 津居山がに 松葉がに 親がに

親がに
親がにの呼び方:せこがに(勢子蟹)、こうばこ(香箱)、こっぺがに、せいこがに


親がに(千翔) 親がにとは、ずわいがにの雌蟹のことです。地域により、せこがに(勢子蟹)、こうばこ(香箱)、こっぺがに、せいこがなどとも呼ばれます。雄のずわいがにに比べ大きさや甲羅のサイズも小さく、一目で親がにとわかる程その小ささは歴然です。

親がには、雄のずわいがにと同じで、かに解禁日(11月6日)より水揚げされますが、資源保護にて禁漁期間が厳しい為、翌年の1月10日頃までしか捕ることができません。つまり親がには、1月11日頃〜11月5日までは禁漁期間となり、11月6日〜1月10日頃までの約2ヶ月しか水揚げされないこととなります。

最高の珍味「内子」「外子」
内子/外子(万福亭) 親がにの最大の魅力は、体内にある卵巣「内子」と、お腹の房にある「外子」です。内子(卵巣)は見事なオレンジ色をしており、歯応えがあり非常に濃厚な味をしています。外子(お腹の房の子)は、卵の成熟度によって色が変化します。11月6日の解禁直後はオレンジ色に近く明るい色をしており、12月、1月と経過するにつれ、黒に近くなっていきます。外子はプチプチとした食感がウリで、醤油などを少しだけつけて食べるのが格別。ただし1月の黒色に近くなった外子は、解禁時に比べ食感も落ちるので、親がにの外子が好きな人は極力11月〜12月上旬あたりを狙って食べるようにしましょう。

親がにの食べれる宿泊施設・旅館・民宿
親がにを食べたい方は、最近は親がにを含めたカニフルコースなどを提供している旅館や民宿などの宿泊施設やお食事処が沢山ありますので、かに料理の宿などで、お好みのカニフルコースを探してみて下さい。但し親がに以外の呼び方(せこがに(勢子蟹)、こうばこ(香箱)、こっぺがに、せいこがになど)で記載されていることが多いですので、御注意下さい。

親がにを産地直送・通信販売でお取り寄せ
親がにを自宅で食べたりされる方は、日本海ショッピングなどで、お好みの親がにをお探しください。どの産地直送店も基本的に、親がにを茹でて出荷しますので、到着後、そのまま食べられることが好評です。またかにが好きな知人・友人へのお歳暮(贈り物)としても評判が高いですので、お歳暮などでの利用もおすすめです。



ずわいがにの呼び名 越前がに 間人がに 津居山がに 松葉がに 親がに

かに料理といえばカニの本場丹後半島へ。丹後旅行なら以下のサイトも参考に下さい

ブランド蟹 間人ガニ 津居山ガニ 松葉ガニ の産地直送店
2007年かに解禁記念 松葉かに/せいこがにのお取り寄せできる店


かに料理の宿の御利用について
日本海 プレゼントキャンペーン  かに料理の宿からの宿泊予約・お食事予約・問い合わせは、全てインターネット宿泊予約サイト「日本海トラベル」のページより行われます。掲載宿への予約やお問い合わせの際には、日本海トラベルのサイト規約などをよくお読み頂き、お目当てのかに宿への予約やお問い合わせを行って下さい。日本海トラベルでは、各種プレゼントキャンペーンなども実施しておりますのでお得です。

かに料理の宿
|
かにフルコースとは
|
かに宿一覧
|
最新空室状況
|
かにプラン一覧
|
かに宿 温泉 露天風呂
※このページには、かに料理を楽しめる山陰・若狭・越前の民宿・旅館などの宿泊施設が掲載されています
Copyright (C) かに料理の宿 by 日本海トラベル. All Rights Reserved.
掲載画像・文章および全てのコンテンツの無断転載を固く禁じます
かに料理の宿への掲載希望の施設様は
日本海トラベルまで